●カヴァルの吹き方●
 このページを見てカヴァルに興味を持った人、また既にカヴァルを持ってるんだけど情報があまりにも少なくて挫折してしまった人のために、私が出来る範囲でWEBページ上レッスン企画を始めましょう!

 一口にカヴァルといっても色んな国の色んな奏法がありますが、今回のWEB企画では、一番カヴァルが盛んな国ブルガリアにおいて代表的な、いわゆるトラキアスタイルという奏法を中心に進めたいと思います。もちろん基本的な吹き方はどのカヴァルにも応用できますので、後々他のカヴァルや奏法、あるいはナイやネイなどの楽器を始める際にも練習の成果が活かせるはずです。

 目標は「簡単なブルガリアの曲を、基本的な装飾音を入れて、それっぽく吹けること」です。それでは、おそらく日本初と思われるこの試みに、一緒にトライしましょう!

カヴァルの吹き方 〜目次〜
(1)楽器の扱い方
(2)音の出し方
(3)口の形について考える
(4)楽器の構えてみよう
(5)音階を吹いてみよう前編

Indexにもどる
: カヴァルの組み立て方、メンテナンスの注意点などの基本情報です。
: 最初にして最大の難関にチャレンジ!
: 誰もが悩むポイントを私の失敗談に基づき分析します。
: 指穴の押さえ方、構える姿勢など重要なポイントをチェック!
: 中低音域のメジャー、マイナー音階の練習です。